【さらばレガシーアイテム】プロパンガス→カセットボンベに換装

先日からの快適化に引き続き、今度はプロパンガスをカセットボンベに換装してもらいました!

【ヘッドライト換装!】快適化計画が着々と進行中です
色々付いていると言われて買ったzil520ですが、やはりそれぞれ生活スタイルにフィットさせる快適化が必要ですね。 自分の場合はとりあえ...


かねてより普通にプロパンガスのボンベを積んで走り回る事に一抹の不安を感じていたので、ようやく安堵の日がやってきました。
実際ガスなんて滅多に使わないし、なんでこんなにデンジャラスなものを積んで走るんだよと思っておりましたが、どうやらコンロ以外にもボイラーや暖房、冷蔵庫なんかにも使うんですね。降ろしてから知りました。

自分のzilの冷蔵庫もガスも使うタイプだったようで、ガスで燃焼したら普通は熱いのに何で冷やせるんだと理科の授業みたいな感じになってきて深いことは気にしないでおこうと思いますが、3wayという電気でもOKタイプなので、あんまり影響ないですね。

カセットガスのメリット

★軽い+邪魔にならない
カセットボンベなんて、2本で1kgもありません。
プロパンは容量で5kgとか書いてありますが、充填されてるボンベ自体も鉄の固まりでクソ重いですからね。
重心が低い位置に置いてあるにせよ十数キロが浮く上、単純に貴重な荷物スペースが生まれます。

★安全?(多分)※諸説あり
普通は危険マークが付いたトラックが運ぶようなシロモノをしれっと搭載しております。
しかも強度も大したことの無いFRPのガワがあるだけ。
これでは横方向に事故したときにはディフェンスできませんので、安全性は向上してる気がします(プラシーボ)。
 ↑
※こちらに関してはプロパンガスのボンベの方が容器自体が頑丈なので実は安全じゃないか説が有力なようです。あとは気分的な問題ですかね。

★入手の容易さ
カセットボンベはコンビニでもスーパーでも買えない場所は無いのですが、プロパンは充填してくれる場所を探すのが一苦労です。
しかもほとんどの場所で一見さんお断り状態と聞きました。

スポンサーリンク


カセットガスのデメリット

★火力
メリットだらけで言うことないと思ってたら意外な盲点だったのが、火力。
清水タンクの真横に設置してもらいましたが、ガスホースが1mくらい取り回しているのでその圧損ロスなのか火力に関してはかなり根性ないです。
点火した火を見て「は?やる気あるの?」ってなりました。
プロパンって火力は別に気にならなかったので、結構頑張ってくれてたんですね。
※ガス成分も違うので、カセットガスの方がLPに比べると元々根性ないようです。

★ボイラー
ウチはシャワーなどついてるだけで使わないので、全くもって影響ないのですが、ボイラーもラジエーターの熱交換で作られるちょっとのお湯くらいで、カセットガスでシャワーを浴びれるほどのお湯は供給できないと思います。

メリット・デメリット比較しても圧倒的にプロパンガスが不利だと思うので、これからは段々廃れていくものでしょうね。
ウチでは火力のなさはカセットコンロをガス台の上において使うことでカバーしようと思います。
でも、よく考えたらそんなら普通にプロパンガスのボンベを下ろすだけで良くないか?って後から思いました。。。

コメント

  1. 通りすがり より:

    交換してしまった後にこんなことを言うのもなんですが、事故時などの安全性に関して言えばデカいプロパンボンベの方がずっと安全です。

    世界中でごく当たり前にキャンピングカーに積まれて使われていますし。

    • webmaster より:

      (ノ∀`)アチャー、そうなんですか!
      確かに言われてみると圧力容器の硬さが桁違いですもんね。
      それでも、取り回しからして今後はLPボンベ積むのは輸入車くらいになっていくんでしょうね。
      ご指摘ありがとうございます!