グランエースのキャブコンの想像図を作ってみた



前回のキャンピングカーショーでもトイファクトリーから早速グランエースのキャンピングカー仕様が展示されてましたが、まだポップアップルーフタイプのものだけだったようです。

画像引用:response


今後はセレンゲティのような、ハイエースにボディカットしてシェルを載せたキャブコンタイプのグランエースも登場して来るんでしょうね。

試しに完成予想図を作ってみました

まだポップアップルーフ車だけだったので、キャブコンのイメージしにくかったのでちょっとそこら辺の画像を使ってグランエースのキャブコン完成予想図を作ってみました。

画像引用:https://www.autocar.jp/news/2019/11/25/442979/

ネタ元はautocar japanにあったグランエース画像。パールホワイトがカッコイイですね。

 

画像引用:JAPAN C.R.C

そしてもう一つのパーツである架装部分はJAPAN C.R.Cさんにあったボレロ V-MAXが一番角度が近かったし、どうせイメージするなら高級車の方がいいですもんね。

合体させた画像がこちらです!
 ▼

パースやら色やら、まぁ素人仕事なので違和感ありますが、これで何となく想像できますね。

輸入車キャンピングカーの大多数は右エントランスドアなので、残念ながら使い勝手の面ではイマイチです。
今グランエースはキャンピングカーのベースには十分なサイズで、後国産キャンピングカーのベースとしてグランエースが主流になってくれば、これをベース車とできるならDUCATOと十分張り合えるクルマになり得るんじゃないでしょうか。
今から楽しみです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA